現在の場所 :
トップ > 各種コンテンツ > 市議会 > 八王子市議会のあらまし > 八王子市議会のあらまし

八王子市議会のあらまし

更新日:平成29年11月24日

ページID:P0010676

印刷する

 市議会と市長

市長も市議会議員も4年ごとに選挙で選ばれ、市民の代表として市民から市政の運営をゆだねられています。
市長は議会の意思にそって、住みよい豊かなまちづくりを進め、市議会議員は議会を構成し、市長が市政を行うのに必要な予算や条例等を決める役割を果たしています。
このような働きから、市長を執行機関、市議会を議決機関とも呼び、それぞれ独自の権限を持ち、両者はちょうど車の両輪のように均衡をとりながら、ともに市政の発展のために活動しています。

議決機関と執行機関

市議会の権限

市議会の基本的な権限として議決権があります。これは市の条例を設けたり、予算を決める権限です。市長や教育委員会等の執行機関は、その議決に従って仕事を進めていきます。
このほか、議長・副議長及び選挙管理委員等の選挙権、同意権、執行機関に対する検査権、調査権などがあります。

議長・副議長・議員

市議会を構成する議員は、市民の選挙によって選ばれます。八王子市は市議会議員定数条例により定数を40人と決めています。また、議員の任期は4年(現在の議員は、平成27年5月1日から平成31年4月30日)です。
議長は議会を代表し、また議場の秩序を保ち、議事を整理したり、議会の事務を処理するなどの多くの権限が与えられており、大変重要な役目を持っています。副議長は議長が出張などでいないとき、また欠けたときに議長に代わり職務を行います。

会派

自分たちの考えを最も効果的に市政に反映させるため、所属政党や市政に対する考えや意見を同じくする議員が集まって会派が構成されます。

議会事務局

市議会の仕事を円滑に進めるため事務局が置かれています。現在、職員は17人で、本会議、委員会の運営や議員活動に必要な調査、議会の活動を市民の皆さんにお知らせする市議会だよりの発行、会議録の作成など議会の全ての事務を処理しています。

市議会の運営

議会はいつも開かれているわけではなく、定期または臨時に一定の期間だけ開かれます。定期的に開かれる会議を定例会、必要に応じて開かれる会議を臨時会といいます。
本市の定例会は年4回、2月、6月、9月、11月に招集されます。
招集の権限は原則として市長にありますが、議員定数(40名)の4分の1以上(10名)の議員から請求があれば、市長は臨時会を招集しなければなりません。
市議会に出された議案などは、開会から閉会までの会期中におよそ次のような順序で最終決定が行われます。

定例会での議案審議の流れ

  1. 招集告示
    市長が議会を招集する
  2. 議会運営委員会
    定例会等の日程、運営等について協議する
  3. 本会議
    議案説明、質疑、委員会付託など
    (ただし、委員会審査が省略された場合、直ちに本会議で審議)
  4. 委員会
    質疑、現地調査、意見、採決
  5. 本会議
    各委員会の審査報告、質疑、討論、採決

本会議

本会議は議案などの審議を行ったり、議会の最終的な意思を決める会議です。原則として議員定数(40名)の半数(20名)以上の議員が出席しなければ開くことができません。市長が議案について提案理由の説明を行ったり、議員が議案や市政についての質問を行ったり、意見を述べることもできます。
本会議は公開されており、定員の範囲内で傍聴できます。
会議時間は午前10時から午後5時までとなっていますが、都合により変更することもあります。

委員会

議案などは本会議で直ちに採決することもありますが、通常、委員会へ付託され、審査したのち、本会議で決められます。
委員会には、常任委員会、特別委員会及び議会運営委員会があります。

常任委員会 (任期:2年)

議会に常に置かれている委員会で、行政事務の調査、補正予算・条例などの議案や請願等の審査を行います。
議員は、必ずいずれかの委員会に所属することになっています。(ただし、議長は職務を行う都合上、委員を辞退しています。)
本市には次の4つの常任委員会が置かれています。

(補足)現員数は平成29年11月24日現在です。

総務企画委員会 定数10人(現員9人)

所管

都市戦略部、総合経営部、行財政改革部、市民活動推進部、総務部、財務部、税務部、生活安全部、市民部、会計部、選挙管理委員会、監査委員、公平委員会、固定資産評価審査委員会及び議会事務局に関する事項並びに他の常任委員会の所管に属しない事項

文教経済委員会 定数10人(現員9人)

所管

産業振興部、農業委員会及び教育委員会に関する事項

厚生委員会 定数10人(現員8人)

所管

福祉部、医療保険部、健康部及び子ども家庭部に関する事項

都市環境委員会 定数10人(現員9人)

所管

環境部、資源循環部、水循環部、都市計画部、拠点整備部、まちなみ整備部及び道路交通部に関する事項

特別委員会

特定の問題について、調査研究することを目的として設けられ、本市には次の4つの特別委員会が置かれています。

(補足)現員数は平成29年11月24日現在です。

都市づくり・ニュータウン対策特別委員会 定数10人以内(現員9人)

付議事項
  1. ニュータウン地区等の再生による魅力づくりに関する調査研究
  2. 中心市街地の活性化と都市整備に関する調査研究
  3. 空き家・空き店舗の有効活用に関する調査研究

交通対策特別委員会 定数10人以内(現員9人)

付議事項
  1. 公共交通システムの構築に関する調査研究
  2. 交通不便地域の解消に関する調査研究
  3. 総合的な自転車対策に関する調査研究
  4. 渋滞対策に関する調査研究

復興支援・防災・危機管理対策特別委員会 定数10人以内(現員9人)

付議事項
  1. 防災・減災・復興対策に関する調査研究
  2. 危機管理に関する調査研究
  3. 東日本大震災等の復興支援に関する調査研究

次世代支援・高齢社会対策特別委員会 定数10人以内(現員8人)

付議事項
  1. 人口減少社会への対応に関する調査研究
  2. 地域包括ケアシステムの構築に関する調査研究
  3. 次世代支援に関する調査研究

なお、当初予算案と決算を審査するため、毎年次の特別委員会が設けられます。

予算等審査特別委員会 委員(議長を除く全員)

決算審査特別委員会 委員(議長を除く全員)


議会運営委員会 定数13人以内(現員11人) (任期:2年)

議会の運営を能率的に行い、また会派間の意見調整などを行うための委員会で、議長の諮問にこたえます。
この委員会は、各会派の所属議員数に応じて選ばれた委員で組織されます。

(補足)現員数は平成29年6月9日現在です。

傍聴

傍聴席のイメージ

本会議は、一般に公開され、個人でも団体でも定員の範囲内で傍聴できることになっています。傍聴に当たっては、会議当日、受付で先着順に交付する傍聴券に住所、氏名を記入し、係員の指示に従って傍聴席にお着きください。傍聴席の定員は104名で、身障者用のスペースも設置しています。
また、委員会も定員の範囲内で傍聴できます。

インターネット中継

平成23年第1回臨時会(平成23年5月18日)より、本会議の模様を、インターネットを通して生中継と録画中継でご覧いただけるようになりました。ぜひご覧ください。

市議会だよりの案内

市議会の動きは、年4回の定例会ごとに発行している「八王子市議会だより」に掲載しています。ご自宅等のポストに直接お届けする各戸配布を行っているほか、市役所本庁舎、市民部各事務所、市民センター、郵便局などの窓口や市内各駅の市広報スタンドにも置いてあります。ぜひご覧ください。

このページに掲載されている情報のお問い合わせ先

議会事務局庶務調査課
〒192-8501 八王子市元本郷町三丁目24番1号
電話:042-620-7311 
ファックス:042-626-2458

お問い合わせメールフォーム